■柱

樹種:ヒノキ・スギ・ツガ・ヒバ・エゾマツ・トドマツ
観点:耐久性・外観・強度


(ヒノキ)
 福島県東南部以南の本州、四国、九州に分布する。天然生としては、木曽、高野山、高知県西部などが、また人工造林としては、尾鷲、吉野、天竜、和歌山の各地方産のものが有名です。スギに次いで造林面積が広く、スギとともに日本の代表的な木材ですが、ヒノキは一般に、より高級なものとされています。なかでも、ヒノキの産地といえば、木曽の名がすぐ思い浮ぶほど、木曽ヒノキは有名です。仏閣や神社を建てるための木材として古くから用いられて来ました。 木材 心材の色は、淡紅色で辺材はほとんど白色です。これが、白色の木材が好まれる神社仏閣に用いられる理由でしょう。気乾比重は0.30〜0.38(平均値)〜0.45です。1年間に形づくられる細胞の形の変化が少ないため、年輪はあまりはっきりしていません。したがって、肌目が精となり、均質な材料が必要な用途に適します。爼板用にヒノキが使われるのは、この理由です。上手に仕上ると、美しい光沢が出るとともに、特有な芳香があることが、材料としての価値を高めています。心材の耐久性が高く、しかも、よく長期の水湿に耐えます。 用途 上述のように優れた性質をもつため、非常に多くの用途に、しかも、高品質な材料として使われます。ヒノキ普請の家というと高級な家の代名詞のように感じられるのはそのためでしょう。建築、建具、彫刻(仏像など)木型、曲物、桶、蓄電池のセパレーターなどが知られています。また、神社仏閣の建築には欠くことが出来ません。最近一寸したブームの感がする風呂桶用材も大事な用途でしょう。最近では、大きな木材の必要なときには、外国産の近縁の木材(タイヒ、タイワンスギ:var. formosanaなど)が使われています。



 本州、四国、九州に分布する日本の代表的な樹種の一つです。最近では、天然生のものは少くなり、それはほとんどが人工造林されたものです。天然のスギの産地として、現在でも、しばしば話題になる地域に秋田地方(アキタスギ)、屋久島(ヤクスギ)などがあります。古くから造林され、北海道南部以南の日本全土にスギの林が見られ、そのうちでも吉野、尾鷲、天竜、日田、飫肥、智頭などの各地方はスギの産地として有名です。 木材 心材と辺材の色の差は明らかで、前者は桃色から濃赤褐色までかなり幅があり、ときには、黒くなっているものがあります。このように黒いものはクロジンと呼ばれ、美しいとはいえないので、低く評価されています。さらにクロジンのスギは含水率が高いので、利用上も種々問題がおきます。スギの木材の材質は、生産地の範囲が広く、各産地における造林方法が違うため、幅広く変動しています。スギの木材は、特有の芳香をもっていますが、日常それを感じるのは樽酒の木の香り、あるいは、和菓子の箱などのそれでしょう。年輪ははっきりしており、肌目は粗くなっています。 スギの気乾比重は0.30〜0.38(平均値)〜0.45で、日本産の針葉樹としてはやや軽軟といえます。心材の保存性は中庸です。 用途 建築材(柱、板)、天井板、磨丸太、家具、器具、包装、樽、下駄、割箸(高級品もある)、造船など用途の範囲の広い木材です。古代の住居跡からかなり大量のスギ材が発見されることが多く、いかに古くからわれわれの生活に結びついていたかがわかり、いわば、日本の代表ともいえる木材です。


(ツガ)
 関東以南の本州、四国、九州、屋久島などに分布します。同属にコメツガ:T.diversifoliaがあり、本州中部以北の亜高山地帯および僅かに四国、九州に分布します。モミとともに、比較的低い処で、モミ・ツガ林を形づくっています。近年、伐採もわずかなので、木材として目も触れることは、非常に少ないといえます。 木材 天然のツガの成長は一般にゆっくりとしているため、年輪の幅が狭く、製材品の材面は、いわゆる糸柾になっています。関西では、ツガが、建築や建具用材として好まれたとのことです。ツガの木材をカンナで削ると、材面に白い粉がみえることがあり、かっては、これが、鉱物質の結晶のためとされていましたが、近年になって、フロコソイドという有機物質であることがわかりました。古くから、ツガが鼠に噛られないといわれて来ているのも面白いことです。心材は、淡桃褐色で、やや色を帯び、辺材はやや淡色です。年輪は、はっきりみえ、粗い肌目をもっています。気乾比重は0.45〜0.50 (平均値)〜0.60で、針葉樹材としては重硬です。保存性は中庸で、乾燥は容易に出来ます。 用途 建築材、包装、車両、パルプ材、枕木、器具、長押、敷居、鴨居などがあります。かつて、パルプ工業が主として国産材を使っていたころ、モミなどと一緒に原料として用いられました。これは、一般にはあまりツガを建築用材として使う習慣がなかったからで、そのころは、スギがさかんに建築用として用いられていました。そのスギが、現在では、大量に輸入される米国産のツガと厳しい競争をしているのはご承知のことでしょう。


ヒバ
 この類は日本にのみ産し、本州中南部、四国の一部、九州などに分布します。変種のヒノキアスナロ:var hondaeは、青森および北海道南部に分布しています。アスナロという言葉は、最高のヒノキに明日にはなろうという未来への希望を表現するものとして、いろいろな形で用いられているので、何処かでこの言葉を読んだことのある人は多いでしょう。ヒバは、能登半島では広く造林されており、アテと呼ばれています。このアテのなかにはマアテ、クサアテ、カナアテなどの品種があります。この類の木材は、今まではどちらかといえば、産地および周辺の地域で用いられており、名前が知られている割に、木材そのものの知名度は高くはありません。 木材 この類の木材の特徴は、独得の強い臭気があることで、それにより他から容易に区別出来ます。この木材は独特の成分ヒノキチオールを含んでおり、養毛剤の原料とされています。耐久性が高く、水湿にも耐えるので、土台などに用いられることが多く、平泉の中尊寺のように、周辺にヒノキの良材がない場合には仏閣などの建築にもよく用いられたことが知られています。気乾比重は0.37〜0.45(平均値)〜0.55です。強さがあり、かつ耐久性があるため、産地以外でも、木造住宅の土台に使う角材としての需要があります。産地の周辺では、ヒバの柱を多数使っている住宅も少なくありません。心材は、淡黄色で、辺材は黄白色のため、色の差は少ない方です。年輪内の細胞の形の違いが少なく、肌目は精です。 用途 建築、とくに保存性が高く、強いので土台、根太などに用いられ、器具、風呂桶、漆器素地(アテ:能登地方の輪島塗)などにも用いられます。現在では、ベイヒバが輸入されて、同じような用途に用いられているため市場での競合が厳しくなっています。