■天井板

スギ・ヒノキ・ベイスギ・サワラ・モミ・キリ 



 本州、四国、九州に分布する日本の代表的な樹種の一つです。最近では、天然生のものは少くなり、それはほとんどが人工造林されたものです。天然のスギの産地として、現在でも、しばしば話題になる地域に秋田地方(アキタスギ)、屋久島(ヤクスギ)などがあります。古くから造林され、北海道南部以南の日本全土にスギの林が見られ、そのうちでも吉野、尾鷲、天竜、日田、飫肥、智頭などの各地方はスギの産地として有名です。 木材 心材と辺材の色の差は明らかで、前者は桃色から濃赤褐色までかなり幅があり、ときには、黒くなっているものがあります。このように黒いものはクロジンと呼ばれ、美しいとはいえないので、低く評価されています。さらにクロジンのスギは含水率が高いので、利用上も種々問題がおきます。スギの木材の材質は、生産地の範囲が広く、各産地における造林方法が違うため、幅広く変動しています。スギの木材は、特有の芳香をもっていますが、日常それを感じるのは樽酒の木の香り、あるいは、和菓子の箱などのそれでしょう。年輪ははっきりしており、肌目は粗くなっています。 スギの気乾比重は0.30〜0.38(平均値)〜0.45で、日本産の針葉樹としてはやや軽軟といえます。心材の保存性は中庸です。 用途 建築材(柱、板)、天井板、磨丸太、家具、器具、包装、樽、下駄、割箸(高級品もある)、造船など用途の範囲の広い木材です。古代の住居跡からかなり大量のスギ材が発見されることが多く、いかに古くからわれわれの生活に結びついていたかがわかり、いわば、日本の代表ともいえる木材です。


(ヒノキ)
 福島県東南部以南の本州、四国、九州に分布する。天然生としては、木曽、高野山、高知県西部などが、また人工造林としては、尾鷲、吉野、天竜、和歌山の各地方産のものが有名です。スギに次いで造林面積が広く、スギとともに日本の代表的な木材ですが、ヒノキは一般に、より高級なものとされています。なかでも、ヒノキの産地といえば、木曽の名がすぐ思い浮ぶほど、木曽ヒノキは有名です。仏閣や神社を建てるための木材として古くから用いられて来ました。 木材 心材の色は、淡紅色で辺材はほとんど白色です。これが、白色の木材が好まれる神社仏閣に用いられる理由でしょう。気乾比重は0.30〜0.38(平均値)〜0.45です。1年間に形づくられる細胞の形の変化が少ないため、年輪はあまりはっきりしていません。したがって、肌目が精となり、均質な材料が必要な用途に適します。爼板用にヒノキが使われるのは、この理由です。上手に仕上ると、美しい光沢が出るとともに、特有な芳香があることが、材料としての価値を高めています。心材の耐久性が高く、しかも、よく長期の水湿に耐えます。 用途 上述のように優れた性質をもつため、非常に多くの用途に、しかも、高品質な材料として使われます。ヒノキ普請の家というと高級な家の代名詞のように感じられるのはそのためでしょう。建築、建具、彫刻(仏像など)木型、曲物、桶、蓄電池のセパレーターなどが知られています。また、神社仏閣の建築には欠くことが出来ません。最近一寸したブームの感がする風呂桶用材も大事な用途でしょう。最近では、大きな木材の必要なときには、外国産の近縁の木材(タイヒ、タイワンスギ:var. formosanaなど)が使われています。


米杉
 北米大陸のアラスカ州の南東部からカリフォルニア州北西部およびロッキー山系に分布しています。ベイスギと呼ばれていますが、米国産のスギ類ではありません。日本のネズコあるいはクロベ:T.standishiiと同類で、しいて日本名をつけるとすればアメリカネズコと呼ぶべきでしょう。また、スギの特有の芳香はなく、別の芳香がありますので、すぐに別物であることがわかります。この木材は、耐久性が高いため、米国のある部族のインディアンの人々は、この木材を使って、トーテムポールを作っています。 木材 心材の色は赤褐色で、このことから多分ベイスギの名が出たのでしょう。しかし、スギとは違って、色が不均一で、汚れたような感じを与えます。このために、表面に出るような用途に使いにくいといえます。しかし、最近では、木材の漂白および染色の技術が進歩して、美しい材面に加工することが出来ます。木材の保存性は非常に高いです。気乾比重の平均値は0.38で、むしろ軽軟な木材です。加工が容易な反面、強い木材ではありません。 用途 集成材の板、建築、建具、クーリングタワーの板、屋根柾(シングルウッドという別名をもつ理由)など、どちらかといえば、耐久性が高いが強さをあまり必要としない用途に用いられます。その結果、一見しては、ちょっと天然のスギの美しいスライスドベニヤのようなものが、ベイスギから作られるようになっています。製材の際に出来る鋸屑のために、作業をする人々にいわゆる“ベイスギぜんそく”がおきることが、大きな話題となったことがありました。


サワラ
 本州の北部から九州北部にわたって分布しています。しかし、目立つのは木曽、飛騨などの中部山岳地帯です。造林されることもありますが多くはありません。一方、日常生活の中では、よく生垣用に植えられていて(ヒバと呼ぶことが多い。)、かなり普通に目にするものです。また、庭木としてもいろいろな品種があり、われわれの目を楽しませてくれます。サワラの木材は、現在では都会に住む人々には縁が遠くなりましたが、かつて、一般に用いられた家庭の風呂桶に多く使われ、手桶あるいは飯びつなどを含め、日常の生活に欠くことの出来ないものでした。最近になって、木材を見直す気運がおこり、その一つのあらわれとして少しずつではありますが、サワラの製品もデパートなどで目立つようになり、ときには製造の実演が見られることもあり、刃物で容易にきれいに割れるのが見られるでしょう。 木材 心材はくすんだ黄褐色ないし紅色をおびた黄褐色です。ヒノキと近縁ですが、その芳香はかなり違っています。年輪はややわかる程度で、肌目は精です。 気乾比重は0.28〜0.34(平均値)〜0.40 で軽軟な木材です。かつて風呂桶に使われましたが、どちらかといえば普及品でした。ヒノキの風呂桶は高級品で今でもいろいろな機会に話題にされますが、サワラのそれはあまりないようです。保存性は中庸ですが、水湿によく耐え、加工は容易です。とくに割り易いのが桶などによく使われた理由でしょう。 用途 建築、器具、包装などがあります。この木材の特徴的な用途は何といっても桶、台所用品、浴室用品などでしょう。